• 料金
  • アクセス

野球肘について

一般的に野球肘は肘の内側(内側上顆)に痛みが走るものをいい、テニス肘は肘の外側(外側上顆)に痛みが走るものをいいます。

しかしながら、野球をやっていて肘が痛かったら野球肘、テニスをしていて肘が痛かったらテニス肘という場合もあります。

医学的には「内側上顆炎」・「外側上顆炎」と呼ばれ、それぞれ前腕屈筋群や腕橈骨筋の酷使により骨に付着する部分に炎症が起きることで肘を動かしたり、手首を動かした際に肘に痛みが走る症状が出ます。

野球肘とテニス肘の違い

野球肘(内側上顆炎)を放置していると、骨が剥離してその骨のかけらが間接内を動き回る「関節ねずみ」と呼ばれる症状が出ることもよくあります。そういった場合は手術となります。

テニス肘(外側上顆炎)はテニスをしていない人でも良く起こりうる症状で、物を持ったり、ペットボトルのふたを開ける時や、ドアノブを回した時や、雑巾を絞るような動作をした時などに肘の外側に痛みが走ります。

酷くなると箸も持てなくなることもあります。

野球肘もテニス肘も安静が一番効果的な治療法ですが、日常生活でなかなか安静にすることがない部位のため、早めに整骨院などで治療を受けることが大切です。

野球肘でお悩みの方は当院にお任せください

野球肘でのお悩みは、甲斐整骨院 合志院にお任せください。

痛みの原因が骨か関節か筋肉かで多少アプローチは変わってきますが、多くの場合は筋肉に原因があります。

当院では痛みの原因を見極めるため、丁寧に問診を行いお身体の状態を確認します。
不安なことがあればスタッフにご相談ください。当院へのご来院お待ちしております。

初回限定キャンペーン

初回限定価格

甲斐整骨院はヴォルターズのオフィシャルパートナーです!

ヴォルターズ

合志市 甲斐整骨院 合志院へのお問い合わせ

電話予約はこちら

電話予約はこちら

お問い合わせ

※予約希望の場合は3日後以降のみ。

院名 甲斐整骨院 合志院
住所 〒861-1113
熊本県合志市栄2127-141
診療時間
平日・土曜
午前 / 9:00~12:00
午後 / 15:00~20:00
休診日 日曜・祝日

Google Map

GoogleMap